中国輸入完全自動化コース詳細


c_china_import

ブラック企業からの脱出

月から土まで、1日16時間労働、日曜日も休みがあればラッキーで、こんなに働いても給料は手取りで17万円。
やめときゃ良いのに、時給換算してみれば時給は約400円。
ご自身と比べていかがでしょうか。
まだ、同じような境遇の方はいると思います。
しかし、本当に恐ろしいブラック企業の全貌はまだまだこんなもんじゃなかったのです...

はじめまして、 中国輸入完全自動化コースを指導しております、井手 剛(いで つよし)と申します。
冒頭から何故かブラック企業のお話からお伝えさせて頂きましたが、私のルーツはまさにそこにあります。
ブラック企業からの脱出への執念がこのビジネスモデルの根幹を生んだからです。
現在、私の実践しているビジネスノウハウを形成するのに欠かせない経験。

まずはそんな昔話をお話させて頂きます。
大手商社系システム会社に就職した後、営業を2年間、営業企画室を1年間経験しました。
この時の営業成績も良く、ボーナスと給料の貯金を元手に起業。 個人事業主として投資・メールマガジン・アフィリエイトで8年間生活していました。
収入も安定しており、不自由は感じてはいなかったのですが、当時まだ認知度も低く実体の見えない業界で、 このまま仕事を続けても良いものか悩んだ末に、知人の経営者の方をご紹介頂き、再就職を決意したのです。
ここが地獄の始まりでした...
実はこの会社、超が付くほどのブラック起業だったのです。
※この会社に入社したおかげてこのビジネスにたどり着くことができたですが、その経緯からお伝えしていこうと思います。
冒頭の条件は終始変わらず、結果として3年間この企業に務めることとなったのですが、その間に経験したオモシロ案件をご紹介します。

中国からLED懐中電灯と3万台輸入するも、全て不良品
電化製品の輸入・販売経験、スタッフの知識0の状態で商品を仕入れた結果、全てが不良品であったことが判明。
海外メーカーに3~4回訪問(なぜか出張経費は半分自己負担)するもメーカーからは製品基盤の無償提供のみ。
誰がその修理作業をするのでしょうか。
それは当然...「お前しか、いねーだろ!」 ということで作業場に寝袋を持ち込んで、基盤交換をすること2年間、それでも最後は諸官庁からのお達しで販売は終了することに。

渡されたのは、たったの紙一枚…ラオスの塩を売れ 某ラオスの工場、社長令嬢が英語ができるらしいとの情報を掴んだ社長は、連絡を取り合って、 「ラオスから塩を20t輸入して売れ!」との指令が。
渡されたのはメールアドレスが書かれた、たった一枚の紙だけでした。
なんとか連絡を取り合って、塩を20t輸入し、自分たちで荷下ろしをして販売を試みるも、なんせ食品を一度も扱ったことはありません。
仕入れた商品の販売経路は皆無。
つまり、一から開拓するしかありませんので、スーパーマーケットから個人店、ディスカウントストアなどに営業し、奇跡的にスカイツリーに入っている専門店への販路を確保することができたのです。
しかし、奇跡は続かず販路はその1店舗のみ、今も塩は売れ残っているのではないでしょうか。

奴隷のような生活、お金も吸い上げられるばかりの現状に、ついに選択をすることに。
死んだ魚のような目のまま、奴隷のように生きて灰になるか。
自ら道を切り開いて脱獄するのか。
生きるか死ぬかのどちらかしか選択肢はなく、生死を掛けた戦いが始まったのです!

この時から中国輸入ビジネスを始めるのですが、まず朝の8時から深夜0時過ぎまでの過酷な労働時間の中でも 実践可能な仕組みを整える必要がありました。
また、貯金もギリギリで事業を開始するのもやっとの状態でした。
当時勤務中もカメラで監視されなから、会社の隣の社屋の一部屋で、深夜の社長の説教にも耐えながら構築した仕組み。
その概要をここではご紹介致します。

まず構築期間ですが、2014年の9月に30万円の初期費用でスタートし、その後3ヶ月で月商150万円(利益率20-30%)となり、翌年4月には脱獄に成功しました。
退職時、私物が全て差し押さえられるという想定内の辞退はあったものの、無事に追っ手を回避し、再び独立します。
その後、国内せどりを交えながらも月商400万円(利益率40%)を個人で達成。 当時は国内せどりの比重が大きく、多忙だったのですが2016年となった現在、月商300万円~400万円( 利益率30%~35% )を推移しています。
中国輸入の比重も安定し、時間を楽に作れる状態になっています。
まさにこの状態を作ること。 「中国輸入完全自動化の秘密」がこのノウハウなのです。

中国輸入完全自動化コースの4つの特徴

1.休みがほとんど無く、時間を作れない状態でも実践可能

週4~5時間労働わずか4ヶ月で月収45万円を稼ぐことが可能です。
超が付くブラック起業に勤めながらも、この期間で構築できましたから、作業時間を普段からしっかり確保できる方であれば さらに短期間で結果を残すこともできます。

2.パートナーに任せることで物販の面倒な作業が全くない

物販で稼ぐためには通常、自ら商品のリサーチを行い、仕入れ、出荷作業を行わなければなりません。
このリサーチ・仕入れ・出荷作業がとにかく面倒で、たとえ一時的に稼ぐことができても1~2年で挫折して辞めてしまう人がほとんどです。 なぜ、辞めてしまうのか? 売上が増えるほど、忙しくなり、作業量が増えます。
人間は飽きやすく、同じ作業をずっとやり続けることは非常に難しいことなのです。
継続して稼ぎ続けるためには、単純作業をすべて自分でやらないシステムの構築が必要不可欠だということです。
さらに中国輸入で言えば、言語の壁や品質管理の問題も全て自分でやらないといけないとすれば、もう投げ出したくもなるでしょう。
輸入代行業者というものも、そんなニーズの解消のためにあるのですが、たしかに様々なサービスを展開するこの存在は便利ですし、ほとんどの中国輸入ビジネス事業者が利用しています。
しかし、唯一商品リサーチだけは代行はしてもらうことはできないことと、中間手数料で利益の大部分が目減りしてしまう問題がありました。
特にリサーチは時間がいくらあっても足りず、当時の私にはとても実践することはできません。
そこで…日本語が堪能な現地在住の中国人スタッフに商品リサーチも含め、仕入れ・値段交渉・検品・出荷作業の全てを丸投げすることにしたのです。 疑問はあるかと思いますが、これで全ての作業を自らすることなく、仕組化する事ができます。

3.完全自動化後は辞める理由が無くなる

パートナーが見つかり、商品リストが増えてくると、事業が徐々に手離れしていきます。
商品リサーチも任せているため、自分が動けない状態であっても仕入れる商品の候補はどんどん増える状態です。
あとはタイミングに合わせて適切な量の商品をリストから選び、発注するだけ。 そうなれば、もう事業を辞める理由自体が無くなってしまいます。
事業に使う時間はごく僅かで済んでしまうため、自身の時間を他のこと(別事業やプライベート)に有効活用できるようになります。

4.事業規模を自由にコントロールできる

リピート仕入れ、リピート販売ができる上に数量もコントロールできるので、 自身の資金状況に合わせ、小規模戦略から拡大戦略まで仕入量を自由にコントロールすることが可能です。

また、資金面については月に一度は個別面談をして、進捗を相談できるようなサポート体制を取っております。 融資面のアドバイスできますので、なんでも気軽にご相談して下さい。

パートナーを見つけるのが大変なんでしょう?

日本語が堪能な現地中国人スタッフをどう見つけるのか。
もちろん親日で、且つ優秀な人材です。
その方法は超簡単!
適切なキーワードを使って募集を掛けるだけ。

人を雇うと固定費が掛かるのでは?

成果報酬でお支払いする為、固定費は掛かりません。
仕入れが実際に行われる際に、適切な費用をお支払いするだけでOKです。
私も最初の総金額は日本円で5万円ほどでした。
取引の金額は最初は少ない額でも仕事はして頂けますので、ご安心下さい。
大事なのは長期的に依頼する、というこちらの姿勢と将来性を示せるかどうかです。
こちらに有利な条件で事業をスタートすることが可能です。

本当に良い人材を見つけられるの?

リサーチから仕入れ、発送までをお願いするので、できる限り良い人材を確保したいのは当然です。
しかし、初めから完璧な人材を求め過ぎていつまでも事業がスタートできないのでは本末転倒とも言えます。
パートナーはやはり、ある程度こちらで教育していく必要があるのですが、面接段階からリサーチ、仕入れ、発送が全てできるようマニュアルを整えてありますし、適切な指示ができるように配慮致しました。
また、不明点は適時私と個人チャットでやり取りして進めていきましょう。
特に最初の仕入れに関する質問や、商品に関することなど、マンツーマンでサポートさせて頂きます。

海外にお金を送金して本当に安全なの?

最近は個人でも僅かな手数料で簡単に海外送金できるようになっています。
SBIレミットなど一般的な方法はもちろん、その他にも方法は沢山あります。
全て電子的な送金方法ですので、送金時の安全性は問題ありません。 初期設定などのやり方も、自分で一から調べるのは大変なので、マニュアル化してありますし、 不明な部分はサポートでしっかりと解消させて頂けるようになっております。
また、パートナーとの金銭のやり取りに関しては、仕入れを代行して頂く以上はリスクとなりますが、 現地の中国人さんはこちらで思っている以上に優秀な方が多いです。
事業を長期的にみて、短絡的な判断をするのはメリットよりもデメリットの方が遥かに多いと理解していますので、安心して取り組んで大丈夫です。
人間関係を維持していくため、普段からのコミュニケーションを大事にしておくことは重要です。

クレームが大変なんじゃないの?

中国輸入の商品を全て代行して、商品の状態を確認できないことに私も最初は不安があった為、最初に仕入れる商品は自宅に一度送ってみて、 パートナーの検品制度や梱包状態、商品の内容や数量を確認しています。
しばらく教育をして改善は必要でしたが、指摘するべき部分をしっかり伝えることで、品質は全て改善することができます。
物販である以上、販売時に返品対応を受けてしまうこともありますが、管理画面を適時確認(1日1回は必ずチェックして下さい)していれば対応も迅速にすることができますし、そのようにしていればクレームに発展することはほとんどありません。
また、管理はアプリでも見れるようになってきていますので、パソコンが手元に無いときでも簡単にチェックすることができるようになっています。

商品を輸入するときって大量に発注しなきゃいけないの?

商品は大量に仕入れなくても問題ありません。
私も最初は5万円ほどでしたし、商品は1個からでも仕入れ可能です。
最初は様子をみる意味でも少量からスタートして、徐々に発注量を増やしていくことを推奨しています。

商品を自宅に届けないでどうやって販売するの?

輸入した商品を自宅に送らず、どのように販売するのか。
これはブラック起業時代に最も慎重に進めた部分でもあります。
何故なら会社の隣の社屋で生活していたので、見つかったりでもしたら、そんな余裕があったのかと更なる労働地獄に陥ることは明らかだったからです。
では、そこでどうしたのかと言うと、日本の納入代行業者を利用することで解決しました。
中国で仕入れ検品した商品を日本の納入代行業者に送り、そこからAmazonFBA倉庫に納品して販売することで自宅を介さず物販の流れを作りました。
納入代行業者に関しても、信頼できる会社をご紹介致しますので、ご安心下さい。
また、中国側の検品・梱包の精度が上がってくれば、中国から直接AmazonFBA倉庫に納品することも可能になって来ますが、まずは上記の流れで進めて行きましょう。

実際の流れをおさらいします

1.パートナーの募集と面談
2.業務内容などの説明
3.リサーチの開始
4.リサーチリストの送付
5.仕入れリストの送付★
6.見積書の送付
7.海外送金★
8.パートナーの出荷待ち
9.納入代行業者に商品が届く
10.納入代行業者に納品データ送付★
11.Amazon FBA倉庫に納品され販売開始

以上、★マークが付いている部分が自身で行う作業です。
サービスの詳細は下記にまとめて記載しておりますので、ご確認下さい。

コース参加者様へのお約束 中国輸入完全自動化コースに参加頂いた方は、講師と生徒という垣根無く、同じビジネスに取り組む者同士として サポート期間6ヶ月を終えた後も、末永くお付き合いを続けていける仲間として接していくことをお約束致します。
それでは、最後までお読み頂きありがとうございます。

お会いできることを楽しみにしております。

コンテンツホルダーのご提供するサービス

・入会者用学習コンテンツ(PDF・音声・動画)
会員専用サイトのログイン権利

第0章
概要
コースの取り組み方

第1章
マインド編
何の為に稼ぐのか?
ビジネスマインドとは?

第2章 準備編
準備編 概要
パートナービジネス構築全体フロー
Amazonの基本的な見方・売り方
Amazon出品用アカウントの登録方法
FBAの活用と登録方法
Amazonの出品方法
カテゴリ申請の方法
コミュニケーションツール
スカイプのインストール方法
チャットワークアカウント作成方法
SBIレミット口座開設1
海外送金方法の比較
為替レートの見方と通貨の計算ツール

第3章 募集編
募集編 概要
パートナーへのマインドセット
パートナーの採用条件
パートナーの支払い報酬
パートナーの募集文
募集サンプル文章+募集文作成のコツ パートナー募集方法(サイト)

第4章 面接編
パートナーとの面談ステップ

第5章 教育編
教育編 概要
Amazonの見かた(パートナー編)
業務マニュアルAmazon編
販売管理シートの使い方
仕入要注意商品
リサーチリストのチェックしよう
中国輸入のリサーチ方法

第6章 仕入編
仕入編 概要
仕入検討(リサーチリスト分析)
値切り交渉のマインドセット
国際発送料金について
発注指示をしよう
請求書の使い方
SBIレミット海外送金の方法
中国輸入のコスト計算

第7章 出荷~検品 編
FBA納品先固定について
商品出荷時の書類
★重要: 商品の検品 FBA納入代行会社の選び方

第8章 販売戦略 編
価格設定について
販路拡大について
マルチチャネルサービスの使い方
FBA直送納品について

番外編
不用品現金化リスト
資金10万円獲得プログラム(メルカリ編)
資金10万円獲得プログラム(ヤフオク編)
資金10万円獲得プログラム(Amazon編)
中国輸入ビジネス・マスタープログラム
中国輸入ビジネスマスターマインド

・限定サービス内容(サポート期間:6ヶ月)
1. セラー仲間との交流(専用facebookコミュニティ / 懇親会)
2. パートナー募集サイト集
3. パートナー募集文章テンプレート集
4. リサーチ用販売管理テンプレート
5. おススメの納入代行業者のご紹介
6. 資金10万円獲得プログラム
7. 不用品現金化リスト集
8. 月1回の個人面談( 1回2時間程度 )
9. パートナー採用相談(募集文のチェック、面談のフォロー、パートナー紹介も可)
10. チャットワークでの個人サポート
11. 仕入リストのチェック
12. 販路拡大の相談
13. 融資相談

ide_plof